--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2011'02.20.Sun

旅行記★DLP&パリ満喫8日間 (9/7) ルーブル美術館 ミロのヴィーナス

ファラオ時代のエジプトのお部屋に移動して、エジプト文明のいろいろを見学しました。
いつか実際にエジプトに行ってみたいなぁ~っていう思いを馳せながら・・・
ラムセス二世像座像に光がちょうど当たっていて神々しさが増しました
P1000206.jpg P1000207.jpg P1000209.jpg
ガイドブックのモデルコースの最後になります!いよいよあの女神像!ミロのヴィーナスにご対面です
古代ギリシャ時代のお部屋に進んで、ミロのヴィーナス像に。ミロのヴィーナスの詳細はこちらを参考にしてください。
P1000192.jpg P1000193.jpg P1000191.jpg
両腕は発見されることはいまだにないそうで、もし発見されていたら・・・ 現存するこの形だからこそより一層美しさが際立つのかなって一人納得。

P1000196.jpg

そして最後に見た(目に入った?)のはこの女神でした。
デスマスクを持った女神。かなり大きくって、数メートルの高さはあったかもです
デスマスクはいったい誰のなのか・・・この女神は?検索したのだけどいまいちヒット出来なかった
P1000213.jpg

ルーブル美術館での3時間コースはだいたいこれで終わりです。実際、3時間は超えてしまってましたが。
ルーブル宮の歴史にも触れてみたかったけど、やっぱりそこまで時間はなかったです
そして、行ってみたかったカフェがあったんですーー!ミュージアムカフェ「ル・カフェ・マルリー(LE CAFE MARLY)」
なんっと!ショックなことにすっかりカフェの存在を忘れていて時遅しでした。次回への目的がひとつプラス
ルーブル美術館からシテ島に移動します!!



スポンサーサイト
****.09 DLP パリ満喫の8日間【旅行記】:  トラックバック(-)  コメント(0) 
2011'02.19.Sat

旅行記★DLP&パリ満喫8日間 (9/7) ルーブル美術館 サモトラケのニケ/ハムラビ法典の石碑


P1000186.jpg

ディノン翼のつきあたりに、あの有名なサモトラケのニケがありました
勝利の女神をあらわしているようです。
ギリシャ神話の中の物語のひとつの女神だそうです。詳しくは、こちらに説明がありました。
P1000189.jpg P1000190.jpg
ニケの近くの階段を上がって、ニケを上からも見てみました。上から見ても素晴らしい!そしてそのまま3階に上がります。
3階では、主に、シュリー翼とリシュリュー翼側にある、ルーベンスと、フェルメール、アングル、ジョルジュドゥラトゥールなどの絵画中心に
楽しみにしていた絵画は沢山あったけど、とくにフェルメールの「レースを編む女」と、ドゥラトゥールの「悔悛するマグダラのマリア」!
悔悛するマグダラのマリアは、ディズニーアニメーションのリトルマーメイドの中ででアリエルが隠し持っていた絵画なのです。
大好きなルーブル美術館で、これまた大好きなディズニーがちょこっと繋がりがあって嬉しい限りだわ
時間を沢山あったらひとつひとつの絵画をジックリと見たいところですが・・・次に進まないといけません。
階段で3階からいっきに1階に下りていきます。
1階の、古代イラン美術、そして、「目には目を、歯には歯を」の有名なモノがある、メソポタミア美術のお部屋に。
ハムラビ法典の石造を初めて目にして、その大きさに驚きました。もっと小さい石版のようなものだと思っていたので。
P1000204.jpg P1000202.jpg P1000203.jpg
法典の内容が楔形文字で石碑にびっしりと刻まれています。
ハムラビ法典にの石碑についてはこちらの詳細を参考にしてください。
ハンムラビ法典の記述もあって、ハムラビなのて、ハンムラビなのかどっちなんでろう
古代文明好きな私はお隣のファラオ時代のエジプトのお部屋も興味津々!楽しみです★
****.09 DLP パリ満喫の8日間【旅行記】:  トラックバック(-)  コメント(0) 
2011'02.12.Sat

旅行記★DLP&パリ満喫8日間 (9/7) ルーブル美術館 モナリザ/グランドオダリスク/ナポレオン1世の戴冠式など

レオナルドダビンチのモナリザのところはかなり厳重でした!当然ですよね ラファエロなどの作品も見て感動しました。作品の前にゆっくり鑑賞できるようにイスが配置されてました。
近くの美術学校の生徒さんの集まりだったのかな?真剣にメモをいろいろ取ってました。
お隣のフランス絵画の大作のお部屋に移動します。
P1000176.jpg P1000177.jpg P1000178.jpg P1000179.jpg
フランス絵画の大作のお部屋にも沢山の作品がありました。
左からドラクロ「民衆を導く自由の女神」。アングル「グランドオダリスク」。ダヴィッド「ナポレオン1世の戴冠式になります。
このほかにも沢山の作品が・・・時間が本当に足りないよーーー

P1000180.jpg P1000184.jpg P1000185.jpg
フランス絵画の大作と、イタリア絵画のつきあたり交差したところ(ドノン翼の突き当たり?)に、あの彫刻が!
ルーブル美術館の建物は、3つに分かれているらしく(ドノン翼.シュリー翼.リシュリュー翼)、私は最後までいまいち方向がナゾでした 
今回、この短時間コース見学のガイドマップのおかげで主要のものは見れたけど(それでもかなり削っている!)、ガイドマップなかったら多分危険だったw

****.09 DLP パリ満喫の8日間【旅行記】:  トラックバック(-)  コメント(0) 
 |TOPBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。