--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2014'05.03.Sat

2013.09 DLR&DCL ワンダー号5泊(9/13) ’Til We Meet Again

最終日の夜、本当にステキな時間をありがとうの瞬間でした Magical Moments
ステキなステキな時間は、出会ったクルーと、何よりも同行者さんのおかげ、本当にありがとうね
クルーから伝言されたプルートからのメッセージは宝物

10:00pm デッキ3 アトリウムに向かいます。
いよいよミッキーたちに会える最後のチャンス、’Til We Meet Again になります。
すでにミッキーたちにはお礼とさようなら、また会おうね、の挨拶は済ませていたので、グリーティングはしなかったです。
ショーエンターさんたちが沢山出ていらしたので、エンターさんたちとご挨拶すればよかった~と今更後悔だわ。
ステージ前で、最後のfarewell Snowを待ちます。
アシスタントクルーズディレクターがMCで登場して始まり、ショーエンターさんの後に、キャラクターが登場します。
DLRDCL2013 1133



Sea Ya' Real Soon 

涙涙でお部屋に戻りパッキングが終わっていたスーツケースを大急ぎでお部屋の外に出しておきます。
この時間でも沢山のゲストさんが大急ぎで出していた様子でした。
ショップはすでに閉店していますが、ルームサービス、ドリンクステーションは大丈夫です。

DSCF7675.jpg DSCF7677.jpg


翌朝にはワンダー号はロスのサンペドロ港に着岸しているでしょう。
最後にデッキの夜景を撮りつつ、ドリンクステーションで飲み物いただいて明日の下船に備えて寝ます。






関連記事
スポンサーサイト
2013.09 DLR&DCL ワンダー号5泊【旅行記】:  トラックバック(-)  コメント(0) 
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。