--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2011'02.19.Sat

旅行記★DLP&パリ満喫8日間 (9/7) ルーブル美術館 サモトラケのニケ/ハムラビ法典の石碑


P1000186.jpg

ディノン翼のつきあたりに、あの有名なサモトラケのニケがありました
勝利の女神をあらわしているようです。
ギリシャ神話の中の物語のひとつの女神だそうです。詳しくは、こちらに説明がありました。
P1000189.jpg P1000190.jpg
ニケの近くの階段を上がって、ニケを上からも見てみました。上から見ても素晴らしい!そしてそのまま3階に上がります。
3階では、主に、シュリー翼とリシュリュー翼側にある、ルーベンスと、フェルメール、アングル、ジョルジュドゥラトゥールなどの絵画中心に
楽しみにしていた絵画は沢山あったけど、とくにフェルメールの「レースを編む女」と、ドゥラトゥールの「悔悛するマグダラのマリア」!
悔悛するマグダラのマリアは、ディズニーアニメーションのリトルマーメイドの中ででアリエルが隠し持っていた絵画なのです。
大好きなルーブル美術館で、これまた大好きなディズニーがちょこっと繋がりがあって嬉しい限りだわ
時間を沢山あったらひとつひとつの絵画をジックリと見たいところですが・・・次に進まないといけません。
階段で3階からいっきに1階に下りていきます。
1階の、古代イラン美術、そして、「目には目を、歯には歯を」の有名なモノがある、メソポタミア美術のお部屋に。
ハムラビ法典の石造を初めて目にして、その大きさに驚きました。もっと小さい石版のようなものだと思っていたので。
P1000204.jpg P1000202.jpg P1000203.jpg
法典の内容が楔形文字で石碑にびっしりと刻まれています。
ハムラビ法典にの石碑についてはこちらの詳細を参考にしてください。
ハンムラビ法典の記述もあって、ハムラビなのて、ハンムラビなのかどっちなんでろう
古代文明好きな私はお隣のファラオ時代のエジプトのお部屋も興味津々!楽しみです★
関連記事
スポンサーサイト
****.09 DLP パリ満喫の8日間【旅行記】:  トラックバック(-)  コメント(0) 
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。